乳酸菌発酵酒粕ヨーグルト(100%植物性)
5dc6b2f6b9de652e99d76608 5dc6b2f6b9de652e99d76608 5dc6b2f6b9de652e99d76608 5dc6b2f6b9de652e99d76608

乳酸菌発酵酒粕ヨーグルト(100%植物性)

¥972 税込

送料についてはこちら

酒粕のアルコールをとばしてさらに乳酸菌発酵した植物性ヨーグルト。 日本のおなかに糀の植物性ヨーグルト。 お米と主原料で、糀と酵母と乳酸菌のトリプル発酵が体に染み込みます。 ヨーグルトのようにシロップをかけてそのまま食べてもよし、酒粕としてお料理に使ってもよし、スムージーとして毎日採ってもよし。 酒粕ドリンク専門店Hacco to go!の店頭で提供しているHacco シェイク、Haccoスムージーの原料としても利用しているので、ご自宅でお造りいただくことも可能です。 麹の甘酒と違い、酒粕には酵母による「美の特効薬」のような成分が生まれています。 1つは「αーEG(エチル-D-グルコシド)」という成分。 米麹と清酒酵母を混ぜたときに作られ、皮膚真皮層のコラーゲン量を増やすことがわかっていて、日本酒や酒粕から摂取することができます。杜氏さんの手が綺麗ということが科学的にも証明されています。 2つめは「レジスタントプロテイン」 直訳すると難消化性タンパク質といい、食物繊維の機能を併せ持ち、体内の消化酵素では分解しにくく小腸に届き脂分を吸着して便として排出し、ダイエットやコレステロールの低下にも効果が期待されています。これも麹の甘酒よりも酒粕やどぶろくの白く濁ったところに多く含まれる成分です。 その他、コウジ酸やアルブチン、フェルラ酸といった、高級美容液でよく見かける成分など、全部で600種類と言われる成分が入っています。 さらに、乳酸菌で発酵することで倍増する成分で葉酸などのビタミン成分も豊富です。 そんな酒粕を原材料に、乳酸菌発酵して滑らかにしたクリームです。 砂糖や添加物は不使用で、ヨーグルトのような滑らかな味わい。 その理由は特別な乳酸菌のチカラによるもの。 新潟県内の雪室の中から採取された乳酸菌ウオヌマ株は低温発酵で酸味を抑えながpHを下げてくれる優れもの。 酒粕の栄養が毎日続けられる形になりました。 Hacco to go!ではこれをベースにシェイクやホットドリンクを作っています。 ご自宅でスムージーにしても、ヨーグルトのようにフルーツと混ぜて食べてもらっても大丈夫。豆乳と少量の砂糖を合わせてHacco甘酒としても楽しめます。 日本のおなかに日本の発酵食材を。 原材料:乳酸菌発酵酒粕 内容量:350ml 保存方法:冷蔵保管 賞味期限:1週間(冷凍保管で1ヶ月) 【乳酸菌発酵酒粕(100g中) 栄養成分】 エネルギー(kcal)100 たんぱく質(g) 7.5 脂質(g)    1.4 炭水化物(g) 15.1 ナトリウム(mg) 5.0 食塩相当量(g) 0.0 食物繊維(g) 5.20 ビタミンB1(mg) 0.20 ビタミンB2(mg) 0.20 ビタミンB6 (mg)0.60 葉酸(μg)    390.0